コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海茸貝/海筍貝 ウミタケガイ

デジタル大辞泉の解説

うみたけ‐がい〔‐がひ〕【海×茸貝/海×筍貝】

ニオガイ科の二枚貝泥中に深い穴を掘ってすむ。貝殻は長楕円形で薄く、殻長7センチくらい。殻表は白く、粗い布目状。房総以南、特に有明海に多く、長い水管を食用にする。うみたけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海茸貝 (ウミタケガイ)

学名:Barnea dilatata
動物。ニオガイ科の二枚貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android