コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有明海 ありあけかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有明海
ありあけかい

九州地方北西部の大湾入。面積約 1700km2。長崎県の島原半島南部の南島原市と熊本県宇城市を結ぶ線以北をさすが,そのうち南部を島原湾とも呼ぶ。北部の湾内には筑後川をはじめ,嘉瀬川矢部川白川など多くの河川が流入するため堆積作用が盛んで,ほとんど水深 20m以内の浅海となっている。平野形成の進展がすみやかで,筑後川右岸では干拓による人工陸化もあって 100年に 1kmの割合で前進。干満の差は日本最大といわれ,六角川河口の住ノ江(佐賀県小城市白石町)では最大 5.7mを示し,干潮時には最大幅員 4kmの干潟が出現する。そのため福岡県大牟田市の三池港は閘門式人工港(→閘門)となっている。ノリ養殖が発達。干潟のムツゴロウのかけ釣り漁法とはね板(潟スキー)は有明海風物詩元寇以後に干潟の干拓が始まり,江戸期以前には 70km2,江戸期には約 110km2の農地が造成された。明治期以後,1980年代半ばまでに 86km2の干拓地ができた。有明海の西に位置する諫早湾岸では第2次世界大戦後,国土造成,洪水・高潮の災害防除,海底資源の開発などの目的で,大規模な湾口閉め切り工事が計画され,諫早湾干拓事業により 1990年代末,湯江(諫早市)と対岸の吾妻雲仙市)を結ぶ線に潮受け堤防が築かれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ありあけ‐かい【有明海】

九州西部、長崎・佐賀・福岡・熊本4県に囲まれた海域。不知火(しらぬい)の名所。干満の差が激しく、広大な干潟(ひがた)にはムツゴロウワラスボなどが生息。筑紫潟。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

有明海【ありあけかい】

九州西部,福岡,佐賀,長崎,熊本4県に囲まれた海湾で,島原半島多比良(たいら)(長崎県雲仙市)−長洲町(熊本県)以北をいい,以南は島原湾である。総面積約1600km2,最大潮差6mに及ぶ。
→関連項目愛野[町]芦刈[町]有明[町]諫早湾大牟田[市]川副[町]久保田[町]小長井[町]佐賀[県]不知火白石[町]岱明[町]高来[町]高田[町]玉名[市]太良[町]長洲[町]東与賀[町]福岡[県]福富[町]瑞穂[町]みやま[市]ムツゴロウ森山[町]大和[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ありあけかい【有明海】

福岡の海苔焼酎。酒名は、原料に有明海特産の海苔を使用していることに由来。原料は米、米麹、海苔。アルコール度数25%。蔵元の「清力酒造」は明治9年(1876)創業。清酒「清力」の醸造元。所在地は大川市大字鐘ケ江。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

有明海

福岡県、清力酒造株式会社が製造する焼酎。原料に有明海の海苔を使用。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ありあけかい【有明海】

筑紫海ともいう。古くは〈ありあけのうみ〉といい,不知火しらぬい)燃ゆる神秘な海として知られた。九州本島の北西部,福岡,佐賀,長崎,熊本の4県に囲まれた内海。その範囲はまちまちで,広くは西を早崎瀬戸に限られた海域を指すが,ここでは島原湾の湾奥でほぼ熊本県長洲町と長崎県国見町を結んだ線以北の海域とする。日本最大の干満差があり,湾奥の六角川河口付近では大潮時最大約6mに及ぶ。このような潮汐の干満作用は筑後川,六角川,矢部川など大小河川の運搬する土砂の堆積作用とあいまって有明海を埋積し,大部分が水深20m以下の浅海となり,沿岸に広大な干潟を形成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ありあけかい【有明海】

九州北西部、島原湾の湾奥にある浅い海。干満の差は日本最大。干潟のムツゴロウ・ワラスボは有名。不知火しらぬいの名所。筑紫の海。筑紫潟。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕有明海(ありあけかい)


九州西部、福岡・佐賀・長崎・熊本の4県に囲まれた大湾。島原(しまばら)半島と天草下(あまくさしも)島の間の早崎瀬戸(はやさきせと)を湾口とし、北へ約90kmにわたり湾入する。面積約1700km2。全域を島原湾、湾奥の浅海部を有明海と称することもある。湾奥には水深20m以内の浅海が広がり、北岸の佐賀県白石(しろいし)町の住ノ江港では干満差4.9mと日本最大で、干潮時には沖合4~6kmまで干出する。ノリ・クルマエビ・貝類の養殖をはじめ独特の干潟漁業や沿岸漁業が盛ん。1997年(平成9)西部の支湾である諫早(いさはや)湾の国営干拓事業でその湾口が締め切られ周辺海域の水質悪化が大問題となった。沿岸のほぼ全域で古くから干拓が行われ、九州屈指の穀倉地帯となる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有明海
ありあけかい

九州西部、長崎、佐賀、福岡、熊本の4県に囲まれた内海で、島原湾の湾奥部を占める。ほぼ熊本県長洲(ながす)町と長崎県雲仙(うんぜん)市国見(くにみ)町地区辺とを結んだ線以北の海域をいう。明治時代の地図類などには筑紫(つくし)海・筑紫潟・有明沖と記され、干潟(ひがた)での漁労活動など沿岸の人々と深く結びついた海であることから、前海(まえうみ)ともよんできた。干満差は、六角(ろっかく)川河口付近で大潮時には約6メートルにも達し、日本最大である。この有明海の潮汐(ちょうせき)活動と、九州第一の大河、筑後(ちくご)川をはじめ、矢部(やべ)川、嘉瀬(かせ)川、六角川、塩田(しおた)川などの諸河川の堆積(たいせき)作用によって、沿岸には広大な干潟が形成され、筑後川河口付近では最大幅員が約7キロメートルにも及ぶ。干潟は、潟土(がたつち)の泥質干潟と砂の混じる砂質干潟からなり、湾奥部の佐賀・福岡県側と西部の諫早(いさはや)湾などでとくに泥質干潟が発達する。この干潟の発達による自然陸化に、中世末期ごろから始まった干拓による人工陸化が加わって、筑後川下流右岸地域では、100年間に約1キロメートルの割合で平野が伸展してきたという。この陸地には有明粘土層が厚く堆積し、軟弱地盤地帯となっている。[川崎 茂・五十嵐勉]

沿岸の産業と開発

有明海は古くから不知火(しらぬい)燃ゆる神秘の海として知られたが、その風土はやはり広大な干潟によって代表される。干潟には、北原白秋(はくしゅう)の『わが生ひたち』に登場するムツゴロウやワラスボなどの干潟性生物が多く生息する。はね板(潟スキー)を利用してのムツゴロウとりなどの干潟漁労は、干潟の代表的風物詩である。干潟はまたシギ、ガンなどの野鳥の楽園でもある。蒲原有明(かんばらありあけ)の詩にみるカキや、白秋の名文にあるアゲマキなどの貝類の養殖にかわって、ノリ養殖が1950年代後半以降急激に伸び、東京湾をしのいで日本最大の産地となっている。
 また、有明海の東岸の海底には、粘結性の石炭を埋蔵する。三井資本によるその開発は、大牟田(おおむた)地域に日本屈指の三池(みいけ)炭鉱と、石炭化学コンビナートの成立を導いた。明治後期の閘門(こうもん)式三池築港は、遠浅で干満差の大きい障害を克服するための大工事であった。大牟田沖のノリひびの広がる海面に、海底の原料炭を本格的に開発するため、初島(はつしま)など世界初の人工島が出現した(1951)。しかしながら、1970年代以降は産炭量の減少が続き、1997年(平成9)の三池鉱山の閉山によって地域経済の衰退を招いた。
 有明海に面する4県では、1952年(昭和27)に有明海地域総合開発協会が設立され、有明海の締め切りによる干拓計画や地下資源開発などの開発構想が企図されたが、1970年代以降のノリ養殖業の発達や米の生産調整によって計画は頓挫(とんざ)した。[川崎 茂・五十嵐勉]

干拓の歴史

有明海の干潟の干拓は、元寇(げんこう)後の鎌倉時代末期ごろから始まり、江戸時代の新田開発で土居(どい)(土手)構築による地先の干拓が大きく進展した。その面積は肥前(ひぜん)(佐賀県)分約6300ヘクタール、筑後(ちくご)(福岡県)分約2000ヘクタールに及んだ。肥前佐賀藩の干拓は農民主体で、搦(からみ)などの名がつく地名で知られる零細な村請け干拓であった。それに対し筑後柳川(やながわ)藩や肥後藩の干拓は、開(ひらき)の名が多く、とくに藩営や商人請負による新田開発に特色があった。明治以後は築堤技術が進み、干拓規模も大型化した。1951年(昭和26)に国営事業として潮止めを完成した有明干拓は、全面積約1174ヘクタール(有明工区)にも及び、入植農家数318戸を数えた。干拓地では海神を祀(まつ)り、高潮災害などからの安全を祈る竜王、海童信仰や、潮止観音信仰などがみられた。
 しかしながら、大規模な水利組織の再編を伴わない干拓は、慢性的な水不足を招き、満潮時に遡(さかのぼ)る海水と淡水の比重の差を利用した不安定な潮汐逆水灌漑(かんがい)(アオ灌漑。アオとは潮によって逆流する淡水のこと)や地下水の揚水(ようすい)に依存する農地が拡大した。また、白石(しろいし)平野のように地下水に依存する地域では、地盤沈下が深刻化した。これらの干拓地では、大規模な生産性の高い稲作が行われているが、第二次世界大戦後の干拓では、その多くが1970年代のコメの生産調整によって計画が途絶し、完成した干拓地が空港用地に転用されるなどの変化をみた。諫早湾では湾入部を締め切る潮受堤防が1997年(平成9)に締め切られて干拓地の造成が行われ、2008年から営農も開始された。しかし、潮受堤防閉門後のノリ不作など、周辺海域の環境悪化との因果関係が問題となり、堤防水門の開閉をめぐって争いが続いている。
 有明海は、干潟特有の魚介類や底性生物が多く生息し、それを餌(えさ)とするシギやガンなどの野鳥が数多く集まる、国内でも貴重な湿地となっている。開発による干潟の減少が続く日本において、生物の多様性が微妙なバランスで維持されている有明海の干潟の保全が大きな関心をよんでいる。[川崎 茂・五十嵐勉]
『千手正美著『有明海干拓の展開過程』(1967・九州農政局) ▽『有明干拓史』(1969・九州農政局) ▽平岡昭利編『九州 地図で読む百年』(1997・古今書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の有明海の言及

【島原湾】より

…九州本島の北西部,福岡,佐賀,長崎,熊本の4県に囲まれた内海。《水路誌》では西は早崎瀬戸を経て外海の天草灘に,南は本渡(ほんど),三角(みすみ),柳の各瀬戸で八代(やつしろ)海に通じる海域全体を島原湾と呼び,湾奥部の浅い海面を有明海と通称する。一般には島原湾全体を有明海と呼ぶことが多いが,狭義には熊本県長洲町と長崎県国見町を結ぶ線以北を有明海,以南を島原湾と呼ぶ。…

【有明海】より

…日本最大の干満差があり,湾奥の六角川河口付近では大潮時最大約6mに及ぶ。このような潮汐の干満作用は筑後川,六角川,矢部川など大小河川の運搬する土砂の堆積作用とあいまって有明海を埋積し,大部分が水深20m以下の浅海となり,沿岸に広大な干潟を形成している。この沿岸の干潟地はきわめて肥沃で,古くから自然陸地化の開墾や日本最古とされる干拓工事が鎌倉時代から行われ,とくに江戸時代以後は大規模となった。…

※「有明海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有明海の関連キーワードカルロス[2世]キャラコ禁止法カンタータインド史浮世草子農書(農業に関する書物)アルジェリアの要覧戦略攻撃戦力削減条約モスクワ条約スペイン政変

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有明海の関連情報