コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費不況 しょうひふきょう

1件 の用語解説(消費不況の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費不況
しょうひふきょう

主として個人消費の落込みに起因する不況をいい,1997年以降の平成不況の特徴といわれる。バブル崩壊で資産が目減りし,所得の右肩上がり神話も崩壊したところへ 97年4月には消費税率が5%に引上げられたこと,さらに,年金など社会保障給付減額への懸念や雇用不安が一般庶民の将来への不安を増大させたことから,消費に回すゆとりがなくなったために発生した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消費不況の関連キーワード地域振興券落ち込み・落込み構造不況個人消費個人賠償責任保険自転車総合保険消費者信頼感指数キニー法則干害防止効果生活保護費の見直し

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消費不況の関連情報