コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涸れ谷 カレダニ

大辞林 第三版の解説

かれだに【涸れ谷】

降雨があると川になるが、普段は水のない谷川。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

涸れ谷
かれだに

普段は水が流れていなくて降雨時のみ流水をみる谷。涸れ谷には、(1)小さくて浅い溝状のリルrillまたは雨溝、(2)雨溝が成長して深みを増し急な側壁をもつ雨裂、地隙(ちげき)、(3)ガリーgullyなどとよばれる小規模な谷と、デレdellまたは乾谷(かんこく)とよばれるやや大きくて浅い谷などがある。いずれの場合にも谷底が地下水面にまで達していないので恒常水流を涵養(かんよう)することができない。火山灰や風化の進んだ花崗(かこう)岩からなる地域では、表面が浸透しやすいために涸れ谷ができやすい。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

涸れ谷の関連キーワードパレスチナ:オリーブとワインの地ティベスティ山地ワディナトルーンエルアーティフカルメル山遺跡ベニイスゲンバッドランドムザブの谷ガルダイアブーヌーラトゥアト王陵の谷ウズボイ王家の谷ワディドンガメリカ涸れ川谷川普段

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android