地下水面(読み)ちかすいめん

百科事典マイペディア「地下水面」の解説

地下水面【ちかすいめん】

地下の岩石・地層中の水で完全に飽和された部分(飽和帯)と飽和されていない部分(通気帯)の境界面(自由地下水面)。地下水は一般に地表水と同じく,重力の影響で地下水面の高い所から低い所へときわめてゆっくり(1日に1m前後)ではあるが流れている。地下水面図は地下水調査の基本となる。広義には被圧地下水の上表面(被圧地下水面)をも含めていう。
→関連項目宙水

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「地下水面」の解説

地下水面
ちかすいめん
ground water table

地下水上面をさす言葉帯水層に達した地下水の示す静水面。地下水面は地面と同様,いろいろな形を示す。地下水面の露頭が湧。地下水面は降雨,地表流水などの変動に伴って昇降する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の地下水面の言及

【地下水】より

…図1に地下水の模式図を示す。井戸を掘ったとき,井戸の中に最初に現れる水面を空間的につなげた面を地下水面という。地下水面は地下水の上面を示し,この面における水圧は大気圧に等しい。…

※「地下水面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android