コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨溝 うこう

1件 の用語解説(雨溝の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨溝
うこう

裸地の傾斜地に雨の作用によって形成される小規模な溝。降雨がないときは水流がない。裸地斜面が一様な傾斜で、等質の土壌や岩石からなるときは、雨溝はほぼ等間隔に発達する。乾燥・半乾燥地域の植生の希薄な斜面に、たまに降る豪雨によって形成されることが多い。湿潤地域では、切り取った法面(のりめん)上によく発達する。大規模なものをガリーgully(雨谷)、小規模なものをリルrillという。雨溝が深く下刻して地下水面に達すると恒常的な河川を形成する。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雨溝の言及

【浸食作用】より

…雨食rain washは雨水が直接に土地を削り取る作用で雨洗ともいう。雨食には降雨が衝突して土を動かす雨滴浸食splash erosion,雨水が地表を流れて細流(リルrill)となり,土粒が動かされて地面に浅いくぼみがつく細流浸食(rill erosionリル・エロージョン),幾多の細流が地面を覆って広がる布状洪水sheet floodによって土地が全体的に浅く削られる布状浸食sheet erosion,さらに細流が集中して雨裂(雨溝,ガリーgully)を刻むガリー浸食gully erosionが含まれる。雨食が目だって作用するのは火山麓のような緩傾斜面や大陸台地のような平たん面や段丘面などであり,河川の谷頭よりも相対的に上位にあたる場所におこる。…

※「雨溝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone