深坂トンネル(読み)ふかさかとんねる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深坂トンネル
ふかさかとんねる

北陸本線近江塩津(おうみしおつ)―新疋田(しんひきた)間(上り線)の長さ5170メートルの単線鉄道トンネル。1938年(昭和13)着工、第二次世界大戦のため1944年工事中止、1950年(昭和25)再開し、1953年開通。琵琶湖(びわこ)北方の野坂山地を貫く。本トンネル開通前、北陸本線は柳ヶ瀬(やながせ)を経由していたが、1000分の25の急勾配(こうばい)が連続し、冬季に雪崩(なだれ)の危険も多いため、木ノ本―疋田間に短絡新線を新設した。旧線はその後道路となっている。軌道保守の省力化のため、道床コンクリート(木枕木(まくらぎ)をコンクリートに埋め込んだ軌道)が採用されている。[藤井 浩]

新深坂トンネル

北陸本線近江塩津―新疋田間(下り線)の長さ5173メートルの単線鉄道トンネル。北陸本線複線工事のため、1963年着工、1966年複線使用開始。このトンネルは、深坂トンネルと30メートル離れて建設されている。トンネルの地質は花崗(かこう)岩で、全断面工法、半断面二重支保工工法で掘削された。[藤井 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android