野坂山地(読み)のさかさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野坂山地
のさかさんち

福井県中央部にあり,敦賀平野近江盆地を分ける山地。野坂岳 (913m) に由来する山地であるが,愛発 (あらち) 山地,湖北山地ともいう。東は栃ノ木峠,西は北川沿いの熊川断層によって画される。標高約 700~800m。本州が折れ曲る場所にあたり,南北方向に多数の断層が走り,それらの谷を利用して北国街道,塩津街道,西近江路 (北陸街道) など京都と北陸を結ぶ道路が通っている。北陸自動車道,国道 365号線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のさか‐さんち【野坂山地】

福井県南部・滋賀県北部にまたがる山地。山地の地溝部分は、かつて京都から若狭(わかさ)に抜けて日本海側に出る街道へと通じる重要な交通路だった。名の由来は、敦賀(つるが)市にある山地最高峰の野坂岳(標高914メートル)による。愛発(あらち)山地。湖北(こほく)山地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県(滋賀県)〕野坂山地(のさかさんち)


福井・滋賀県境にまたがる地塁(ちるい)山地。若狭(わかさ)湾と琵琶(びわ)湖の間を占める。標高800~900m前後の比較的低い山地で、最高峰は福井県側の野坂岳(標高914m)。湖北(こほく)山地とも。山地を横切る構造谷は古来、日本海岸と琵琶湖岸・畿内(きない)を結ぶ重要な交通路で、現在も国道8号・161号・303号が通じる。積雪量が多く、箱館(はこだて)山などのスキー場が点在する。北部の滋賀県側は琵琶湖(びわこ)国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野坂山地
のさかさんち

滋賀県北部から福井県にかけて広がる山地。愛発(あらち)山地、湖北山地ともいう。山地の地溝部分は西近江(おうみ)路や北陸街道の通じる重要な交通路として利用された。標高913メートルの野坂岳をはじめ、三国山、赤坂山、三十三間山、武奈(ぶな)ヶ嶽など800~900メートル級の山が続く。地質は西部が秩父中・古生層、東部が花崗(かこう)岩からなる。冬季の積雪量が多く箱館(はこだて)山や北牧野はスキー場として知られる。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野坂山地の言及

【福井[県]】より

…嶺南は若狭湾に面した東西に細長い地域である。南部は標高700m前後の山地で,滋賀県との境に野坂(湖北)山地が東西に走り,その西に丹波高地が連なる。湖北山地は多数の断層が集中する破砕帯をなし,断層谷は古くから近江と越前を結ぶ交通路として利用されてきた。…

※「野坂山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android