混合指示薬(読み)こんごうしじやく

化学辞典 第2版の解説

混合指示薬
コンゴウシジヤク
mixed indicator

2種類以上の主として酸塩基指示薬を混合した指示薬.溶液の pH 変化に対し鋭敏に変色し,肉眼で pH を区別することができる.たとえば,メチルレッドとブロモクレゾールグリーンを1:1に混合したものは,pH 5.5±0.2で灰色,それより酸性側で赤,アルカリ性側で緑.pH計普及により利用度は少なくなった.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の混合指示薬の言及

【指示薬】より

…これは互いに補色に近いので,当量点では薄灰色となりきわめて鋭敏に変色を知り,±0.2pH程度の精度で判別することができる。このような混合指示薬mixed indicatorを遮へい(蔽)指示薬screened indicatorという。狭義の混合指示薬は変色域が似かよっていて,かつあるpHでは互いに補色の関係にあるような色を呈する指示薬を混合したものである。…

※「混合指示薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android