混合比(読み)コンゴウヒ

  • こんごうひ コンガフ‥
  • こんごうひ〔コンガフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 二種あるいは二種以上の異なった性質のものをまぜあわす割合。
② 内燃機関において、シリンダー内で燃焼する混合気における空気の重量と燃料の重量との割合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の混合比の言及

【湿度】より

…したがって,空気中の乾燥空気と水蒸気の割合が温度と圧力の変化に対して変わらないような表示法が必要なことがある。気象学ではこの目的のために混合比または比湿が用いられる。混合比は空気中の水蒸気量r(g)が乾燥空気1kg相当部分中に含まれているときのr(g/kg)をいう。…

※「混合比」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android