コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混芽 コンガ

デジタル大辞泉の解説

こん‐が【混芽】

花芽葉芽をあわせもつ。展開すればになる。ナシ・リンゴなどにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんが【混芽】

発達すると花と葉の両方が出てくる芽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の混芽の言及

【芽】より

…芽が展開して栄養枝,すなわち普通葉をもつ枝がつくられる場合はその芽を葉芽(ようが)といい,生殖枝すなわち花あるいは花序が展開するものを花芽(かが∥はなめ)という。一つの芽から普通葉と花(あるいは花序)の両方が展開する場合は混芽とよばれる。芽は冬季に活動を停止して休眠することが多く,このような芽は休眠芽(休芽)とよばれ,ふつう冬季にみられるので冬芽(とうが∥ふゆめ)ともよばれる。…

※「混芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

混芽の関連キーワード両方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android