コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花芽 はなめ

6件 の用語解説(花芽の意味・用語解説を検索)

盆栽用語集の解説

花芽

木の芽には、花になり後に実になるものと、葉になり後に枝になるものの両方があり、このうち花になるものを花芽と呼ぶ。実もの・花もの盆栽においては、花芽の付き方に関する樹種ごとの特性をよく知ることが大切で、徒長枝の先につくもの、比較的短くて太い枝(短枝)につくものなど様々である。従って枝の切り具合や芽の残し方に違いが出てくる。

出典|(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か‐が〔クワ‐〕【花芽】

植物の茎・枝にあって、発達すれば花となる芽。一般に葉芽より太くて丸い。はなめ。

はな‐め【花芽】

かが(花芽)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かが【花芽】

発達して花になる芽。一般に、葉芽よりも丸く太い。はなめ。

はなめ【花芽】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花芽
かが
flower bud

芽のうちで,伸長して花となるものをいう。花と葉の両者を生じるものは混芽ともいう。花芽の形成には,植物によって,それ以前に特定の光条件や温度条件を必要とする場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の花芽の言及

【芽】より

…腋芽は葉腋に一つだけではなく複数つくこともあり,この場合は一つを主芽,他を副芽という。芽が展開して栄養枝,すなわち普通葉をもつ枝がつくられる場合はその芽を葉芽(ようが)といい,生殖枝すなわち花あるいは花序が展開するものを花芽(かが∥はなめ)という。一つの芽から普通葉と花(あるいは花序)の両方が展開する場合は混芽とよばれる。…

【結果枝】より

…果実のついている枝をいい,どのような枝が結果枝になるかは,果樹の種類によって異なっている。モモ,スモモ,ウメ,アンズ,オウトウなどでは,春になって伸長した枝の葉腋(ようえき)に花芽が形成され,翌春にこの花芽が開くと,その位置で花だけが咲き,果実になる。したがって,これらの種類では前年の春に伸長した枝が結果枝となる。…

【芽】より

…腋芽は葉腋に一つだけではなく複数つくこともあり,この場合は一つを主芽,他を副芽という。芽が展開して栄養枝,すなわち普通葉をもつ枝がつくられる場合はその芽を葉芽(ようが)といい,生殖枝すなわち花あるいは花序が展開するものを花芽(かが∥はなめ)という。一つの芽から普通葉と花(あるいは花序)の両方が展開する場合は混芽とよばれる。…

※「花芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

花芽の関連キーワード木の芽木の芽和え木の芽立ち木の芽月木の芽張る身になる果蓏木の芽漬木の芽味噌木の芽焼き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花芽の関連情報