葉芽(読み)ようが

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐が エフ‥【葉芽】

〘名〙 芽の一つ。生長すると枝と葉となる芽。花芽に対していい、ふつう花芽よりも細長い。⇔花芽

は‐め【葉芽】

〘名〙 生長して葉になる芽。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の葉芽の言及

【芽】より

…腋芽は葉腋に一つだけではなく複数つくこともあり,この場合は一つを主芽,他を副芽という。芽が展開して栄養枝,すなわち普通葉をもつ枝がつくられる場合はその芽を葉芽(ようが)といい,生殖枝すなわち花あるいは花序が展開するものを花芽(かが∥はなめ)という。一つの芽から普通葉と花(あるいは花序)の両方が展開する場合は混芽とよばれる。…

※「葉芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android