コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原武貞 きよはらの たけさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原武貞 きよはらの-たけさだ

?-? 平安時代中期-後期の武人。
清原武則(たけのり)の子。出羽(でわ)山北(せんぼく)(秋田県)の豪族。前九年の役(1051-62)で父にしたがい,安倍(あべ)氏を討つ。敗死した藤原経清(つねきよ)の妻で安倍頼時(よりとき)の娘と結婚し,清原家衡(いえひら)が生まれる。のち嫡男清原真衡(さねひら),妻の連れ子藤原清衡(きよひら),家衡の3兄弟があらそい,後三年の役をひきおこした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清原武貞の関連キーワード藤原清衡母清原武則清原武衡金沢柵

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android