コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原王 きよはらおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原王 きよはらおう

?-? 奈良時代の官吏。
天平神護(てんぴょうじんご)2年(766)無位から従五位下,3年内礼正(ないらいのかみ)となる。のち位階を剥奪され,宝亀(ほうき)2年従五位下に復す。少納言,越後守(えちごのかみ)などをへて,従五位上,右大舎人頭(おおとねりのかみ)。浄原王ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清原王

生年:生没年不詳
奈良時代官人。系譜は不明。天平神護2(766)年12月,従五位下,のち内礼正を務めたが,官位を剥奪される。理由はわからないが,藤原仲麻呂の乱(764)に加わった可能性がある。宝亀2(771)年閏3月に本位に復す。以後,大膳亮,大炊頭,越後守などを歴任天応1(781)年11月には従五位上,延暦4(785)年5月右大舎人頭。

(寺崎保広)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

清原王の関連キーワード直世王生年官吏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android