コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清姫 きよひめ

367日誕生日大事典の解説

清姫 (きよひめ)

生年月日:1666年11月8日
江戸時代中期の女性。紀伊和歌山藩主徳川頼宣の二男頼純の娘
1727年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の清姫の言及

【安珍・清姫】より

…その内容は,女の愛欲心や怨恨の念が成仏の障りになることを説き,最後に法華経の功徳によって成仏するを得たとする仏教説話である。この段階では,いまだ安珍・清姫という人名は登場せず,男は廻国修行の熊野詣の僧,女は紀伊国牟婁郡の空閨をかこつ寡婦とのみ記されている。男の身分は,この説話を持ち歩いて伝播した〈語り手〉を暗示している。…

※「清姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清姫の関連キーワード和歌山県日高郡日高川町岩井 半四郎(9代目)鐘に恨みは数数ござる道成寺(和歌山県)川辺(和歌山県)日高川入相花王日高川(町)日高川伝説安珍/清姫紀州道成寺金森 高山日高川甚句安珍・清姫金幣猿嶋郡川辺〈町〉金幣猿島郡小林 古径灯籠人形うわばみ生年月日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清姫の関連情報