コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清東陵 しんとうりょう

1件 の用語解説(清東陵の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

しんとうりょう【清東陵】

中国の河北省遵化(じゅんか)市にある、清朝の皇室の陵墓群。清朝三大皇族墓地の一つで、世界遺産に指定されている。清東陵の工事は、1661年の孝陵から始まり、1908年の西太后の慈禧陵まで約2世紀にわたる。この間に、皇帝陵5ヵ所、皇后陵4ヵ所、妃陵5ヵ所を建設した。陵墓の総面積は78km2、神道の総長は1万4500mである。清東陵は自然に恵まれた地で、中国伝統風水学に基づき、陵墓の人文建築と山水の秀麗を巧みに融合している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清東陵の関連キーワード河北省東陵山戎旬間保定開灤清陵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone