コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水賞七 しみず しょうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水賞七 しみず-しょうしち

?-? 幕末-明治時代の歌舞伎作者。
初代清水正七の子という。3代桜田治助の門弟嘉永(かえい)元年(1848)江戸市村座で二枚目作者となる。翌年4代中村歌右衛門とともに大坂にうつり,中座で立作者となる。のち東京中村座,大阪弁天座で明治20年ごろまで活躍。前名は2代清水正七,2代壕越二三治(ほりこし-にそうじ)。俳名は左暁。作品に「けいせい阿国(おくに)歌舞伎」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水賞七の関連キーワード清水正七(2代)近松八十翁明治時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android