コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦動拡散 かどうかくさん

海の事典の解説

渦動拡散

大気・海洋中での拡散現象には、さまざまなスケールの渦による乱流拡散が支配的である。対象とする現象よりも小さいスケールの渦による拡散現象を、分子拡 散と同様の形式で表現したものが渦動拡散または渦拡散である。それによる拡散係数(渦動拡散係数)は、分子拡散係数に比べ桁違いに大きく、対象とするス ケールとともに大きくなる。また、水平運動が卓越する地球上の運動では、渦動拡散係数は鉛直方向に比べ、水平方向が大きい。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android