コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温度伝導率 おんどでんどうりつthermal diffusivity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温度伝導率
おんどでんどうりつ
thermal diffusivity

熱拡散率,熱拡散係数,温度拡散係数ともいう。物質の熱伝導率 k ,密度を ρ ,比熱 C (気体の場合は定圧比熱 Cp ) として,akC で定義される量で,m2/s の次元を有する。非定常熱伝導における物質中の温度分布の時間変化速度の大小を示す物性値であり,この値が大きいほど温度変化が速い。一般に,物質の熱伝導率は圧力によって大きな影響は受けないが,温度伝導率は気体の場合には圧力により密度が変るのでその影響を受ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

温度伝導率の関連キーワードプラントル数定圧比熱

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android