コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温知政要 おんちせいよう

世界大百科事典 第2版の解説

おんちせいよう【温知政要】

尾張藩7代藩主徳川宗春がつくった政教書。撰述には朱子学者深田慎斎助力をうけたといわれている。全21ヵ条で宗春独自の考えが具体的に語られている。それは,たとえば第7条の人は本来好き嫌いのあるものだから,自分の好みをおしつけるのはまちがいである,とか,第8条で法は簡単なほどよい,とかのように当時将軍吉宗が推進していた享保改革の思想と正反対の主張に満ち満ちていたので幕府から絶版処分となり,宗春自身も隠居・蟄居を命ぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温知政要の関連情報