徳川宗春(読み)とくがわ むねはる

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐むねはる〔トクがは‐〕【徳川宗春】

[1696~1764]尾張藩第7代藩主。商業を重視し放任政策をとったため、8代将軍吉宗享保の改革と対立、幕府から隠居させられる。著書「温知政要」は絶版処分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川宗春 とくがわ-むねはる

1696-1764 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)9年10月26日生まれ。徳川綱誠(つななり)の子。陸奥(むつ)梁川(やながわ)藩(福島県)藩主から,享保(きょうほう)15年尾張(おわり)名古屋藩主徳川家7代となる。商工業を発展させ,風俗の開放政策をとり,名古屋の町は活況を呈したが,享保の改革の倹約政策に反したため,元文4年隠居謹慎を命じられた。明和元年10月8日死去。69歳。初名は通春(みちはる)。著作に「温知政要」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川宗春

没年:明和1.10.8(1764.11.1)
生年:元禄9.10.26(1696.11.20)
江戸中期の尾張(名古屋)藩第7代藩主。初名通春,幼名万五郎,求馬と称した。同藩3代藩主綱誠の第20子として名古屋で生まれる。享保1(1716)年従五位下主計頭,さらに従四位下に。同14年陸奥国梁川3万石を与えられ,侍従。同15年兄継友の急死によって尾張藩主となる。従四位下少将から従三位左近衛権中将,参議を経て権中納言に。その9年間の政治は尾張藩政史上一時期を画するもので,初入国の際,自らの施政方針を示した著書『温知政要』1巻を著し,法令が多いのはよくないとか,倹約はかえって無駄を生ずることになると,おりからの将軍徳川吉宗の享保の改革を批判している。このような方針のもと,死刑を行わず罪人を入牢のまま放置。自ら奇抜な装束をし,城下南部の西小路,富士見ケ原,葛町の3カ所に,藩祖以来禁止されていた遊郭の設置を認めたので,名古屋城下には全国から1000人を超える遊女たちが集まった。常設の芝居小屋も57座にのぼり,江戸,上方の役者が流入,興行は387回を数えたという。さらに商工業を振興し,のちに三家衆といわれる伊藤・関戸・内田家の商業発展の基礎を築いた。 しかし,こうした積極策は緊縮,尚,法治の政策を進める吉宗の政治とまっ向から対立したため,17年には幕府からの詰問をうけた。このときは言いのがれたものの,藩の士風は乱れ,財政赤字が増加したため,20年ごろ引き締めを行い,藩士の遊郭出入りを禁止,遊郭を整理し,芝居小屋の新設を禁止した。しかし元文4(1739)年に,ついに隠居謹慎を命じられ,名古屋城で幽閉生活に入る。あとには金1万8000両余,米3万6000石余の財政赤字が残った。死後も墓石に金網がかぶせられるという処分を受けたが,天保10(1839)年にようやく許され,従二位権大納言が追贈された。なお宗春は生涯夫人を迎えなかった。<参考文献>辻達也『徳川吉宗』,大石慎三郎『江戸転換期の群像』

(大石学)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわむねはる【徳川宗春】

1696‐1764(元禄9‐明和1)
江戸中期の大名。第3代尾張藩主徳川綱誠(つななり)の子。幼名は万五郎,求馬,のち通春と名のる。1729年(享保14)奥州梁川3万石を拝領,翌年6代尾張藩主継友の死去にともない,兄継友の養子として第7代藩主となる。31年に8代将軍徳川吉宗の諱(いみな)の1字をもらい宗春と改名,32年権中納言に任じられる。39年(元文4)にいたり幕府から隠退蟄居(ちつきよ)を命じられたが,その理由を《徳川実紀》は,〈身の行ひただしからず〉〈かつ国の政ととのはず〉〈かくては国務に任じがた〉いと,あたかも宗春の個人的な資質に問題があるかのように記している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とくがわむねはる【徳川宗春】

1696~1764) 江戸中期の尾張藩主。三代藩主綱誠つななりの二〇子。商工業の振興など積極的経済政策を打ち出し、吉宗の享保改革の施策と対立、1739年蟄居ちつきよを命ぜられた。著「温知政要」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

徳川宗春 (とくがわむねはる)

生年月日:1696年10月26日
江戸時代中期の大名
1764年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の徳川宗春の言及

【温知政要】より

…尾張藩7代藩主徳川宗春がつくった政教書。撰述には朱子学者深田慎斎の助力をうけたといわれている。…

【名古屋[市]】より

…寛文(1661‐73)から元禄(1688‐1704)にかけて街区は特に南方熱田方面に延びた。1730年(享保15)自由な気風の徳川宗春が藩主となり,芝居小屋を建て,商工業を振興するなど,積極的な経済成長政策の結果,三都に次ぐ有数の大都市に発展し,芸所として知られるようになった。大商人の出現に地元でほとんどの商品が間に合い,京仕入れが激減し,〈名古屋の繁華で京がさめた〉との巷(ちまた)の声もあった。…

※「徳川宗春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android