コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟄居 チッキョ

5件 の用語解説(蟄居の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちっ‐きょ【×蟄居】

[名](スル)
家の中にひきこもっていること。「終日蟄居して書に親しむ」
江戸時代、武士に科した刑罰の一。自宅や一定の場所に閉じ込めて謹慎させたもの。終身のものは永蟄居という。
虫などが冬眠のため地中にこもっていること。
「竜は…陰の時に至りては―を閉づ」〈太平記・二〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蟄居【ちっきょ】

江戸時代,公家武士に科された監禁刑。一室に拘禁謹慎させる。蟄居,永蟄居,蟄居隠居(単に隠居とも)の別があり,永蟄居は終身刑,蟄居隠居は引退させ子孫に家督を譲らせた。
→関連項目池田騒動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちっきょ【蟄居】

家にこもって謹慎させる刑罰の一種。中世の公家・武家では謹慎あるいは不満の表明として蟄居することもあり,また刑としても行われた。江戸時代にも公家・武家等に例外的な刑罰として行われた。岩倉具視は1862年(文久2)和宮降嫁を推進したことから尊攘派の糾弾するところとなり,辞官蟄居を命ぜられた。1792年(寛政4)《海国兵談》を著した林子平は兄嘉膳方に引き渡し在所において蟄居を命ぜられた。その他著名な事件としては,1839年(天保10)蛮社の獄に連座した渡辺崋山は主人家来に引き渡し在所において蟄居を命ぜられ,54年(安政1)佐久間象山吉田松陰などもこの刑をうけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちっきょ【蟄居】

( 名 ) スル
家の中にとじこもっていること。 「朝からの降りで一日-して/続風流懺法 虚子
江戸時代、士分以上の者に科した刑罰の一。閉門の上、一室に謹慎させたもの。
虫などが地中にこもっていること。 「竜は…陰の時に至りては-を閉づ/太平記 20

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蟄居
ちっきょ

自宅の一室に謹慎させる刑。江戸時代において、士人以上について行われたが、江戸幕府公事方御定書(くじかたおさだめがき)にはこの刑は規定していない。謹慎・閉門の刑が門を閉じて出入りを禁じたのに対し、蟄居は閉門のうえ一室に籠(こも)ることを命じた。1792年(寛政4)に仙台藩士林子平は奇怪異説等の著述をしたというので、兄嘉膳方に引き渡され、在所において蟄居を命ぜられ、1839年(天保10)には渡辺崋山(かざん)が蛮社の獄に座して捕らわれ、国元の田原に蟄居を命ぜられている。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蟄居の関連キーワード閉門預け永蟄居寺入り戸締め流刑恐懼差控え屏居籠居

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蟄居の関連情報