コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温禰古丹島 おんねこたんとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温禰古丹島
おねこたんとう

千島列島北部の火山島。オンネコタンとも読む。北東は幌莚(ほろもしり)島(パラムシル島)に、南西は春牟古丹(ハルムコタン)島に連なる。長さ43キロメートル、面積433平方キロメートル。ロシア連邦サハリン州に属し、オネコタン島Онекотан/Onekotanとよぶ。南端に黒石山鐘状火山(ロシア名クレニツィナ、1328メートル)と幽仙湖カルデラ(直径14キロメートル)があり、北部に二重式火山で直径9キロメートルの沈水カルデラをもつ根茂(ネモ)火山(1019メートル)があるほか、2座の火山がある。海岸は海食崖(がい)がそびえて近寄りがたく、東岸の黒石湾以外によい錨地(びょうち)はない。黒石川ほか数条の急流がある。第二次世界大戦前は、行政上、根室支庁(現根室振興局)管内の占守(しむしゅ)郡に属したが、定住者はきわめて少なかった。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の温禰古丹島の言及

【オネコタン[島]】より

…千島(クリル)列島北部にあるロシア統治下の火山島。旧日本名は温禰古丹(オンネコタン)島。島名はアイヌ語で〈大きな村〉の意。…

※「温禰古丹島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

温禰古丹島の関連キーワード渡辺一夫幌筵島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android