コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛水 タンスイ

4件 の用語解説(湛水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たん‐すい【×湛水】

水田などに、水をたたえること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

湛水

没年:尚貞15.12.10(1684.1.26)
生年:尚豊3.6.15(1623.7.12)
後世湛水流の楽祖と目されるようになった琉球古典三線の名人。唐名を夏徳庸,通称は田場(親方)賢忠という。芸能に堪能で尚貞4(1672)年踊奉行に任命されたが,翌年伎女を入れて妾としたために親類の訴えで失脚,領地の田場村に蟄居を命じられた。のち許されて茶道宗職となり湛水と称した。王宮で涵養された古典三線楽の始祖的な楽人とされている人である。三線楽は屋嘉比朝寄の当流に受け継がれて今日に到るが,湛水の流が伝承されていたとして尚泰25(1872)年に松村真信らによって『湛水流工工四』(三線楽譜)が編纂されている。

(池宮正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たんすい【湛水】

水をたたえること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湛水の関連キーワード外部クロック舎利塔水流水流ポンプ大師流飾り兜水流地一覧性四股名カブスン (cavesson)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湛水の関連情報