コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅征一郎 ゆあさ せいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅征一郎 ゆあさ-せいいちろう

1835-1893 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年生まれ。丹波園部(そのべ)藩(京都府)郷士。はじめ五郎兵衛と称す。熊本藩士松田重助や近江(おうみ)の古高俊太郎らと尊攘運動に奔走。元治(げんじ)元年池田屋事件では参加がおくれたため難をのがれた。のち薩長土の和議成立につくす。維新後は熊本藩外交用掛などをつとめた。明治26年死去。59歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

湯浅征一郎の関連キーワード湯浅五郎兵衛運動家尊攘

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯浅征一郎の関連情報