コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯田中[温泉] ゆだなか

百科事典マイペディアの解説

湯田中[温泉]【ゆだなか】

山ノ内[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆだなか【湯田中[温泉]】

長野県北東部,下高井郡山ノ内町にある温泉。純食塩泉,49~97℃。志賀高原から流れる夜間瀬(よませ)川北岸の台地上に並ぶ新湯田中温泉(純食塩泉,74~97℃),星川温泉(弱食塩泉,70℃)など14温泉からなる山ノ内温泉郷を代表する温泉で,天智天皇のころ僧知田の発見といわれる。古くから草津街道の往来者や善光寺参りの人々に親しまれてきた。大湯,滝ノ湯など6ヵ所に共同浴場がある。付近には,この地出身の画家児玉果亭の作品を展示する果亭文庫や平和観音,一茶堂,佐久間象山碑などがあり,志賀高原観光の基地ともなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報