コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀高原 しがこうげん

7件 の用語解説(志賀高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志賀高原
しがこうげん

長野県北東部,三国山脈の北西部にある火山性の高原。標高 1500~2000m。山ノ内町に属する。岩菅山横手山笠ヶ岳など 2000m級の山に囲まれており,志賀山の溶岩流によって形成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しが‐こうげん〔‐カウゲン〕【志賀高原】

長野県北東部にある高原。標高1400~2000メートル。火山性溶岩台地で、上信越高原国立公園の中心部。スキーなどでにぎわう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

志賀高原【しがこうげん】

長野県北東部,山ノ内町にある高原。上信越高原国立公園の一部。志賀山の溶岩流によって形成された凹凸の多い台地状の地形で,標高1400〜1700m。岩菅(いわすげ)山,横手山など2000m以上の山々に囲まれ,丸池,木戸池,琵琶池をはじめとする数多い湖沼群,高山植物の豊富な湿原などが入りまじり変化に富む。
→関連項目山ノ内[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しがこうげん【志賀高原】

長野県北東部,下高井郡山ノ内町東部を中心とする火山性の高原。上信越高原国立公園の中心部にあたる。秋山郷を流れる中津川の源流部でもあり,その支流雑魚(ざこ)川が西流する。横手山岩菅(いわすげ)山,東館山(2030m),西館山(1757m),笠ヶ岳(2076m)などの高山に囲まれ,中央に噴出した志賀山からの溶岩流により起伏に富んだ標高1400~2000mの高原が形成された。これらの山に囲まれて溶岩流の凹部に湛水した大沼池,木戸池,丸池,蓮池,三角(みすみ)池など数多くの小さな湖がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しがこうげん【志賀高原】

長野県北東部にある溶岩台地からなる高原。海抜1400~2000メートル。上信越高原国立公園の一部で、志賀山などの山岳や多くの温泉・湖沼があり、スキー・登山客でにぎわう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕志賀高原(しがこうげん)


長野県の北東部、群馬県境近くの志賀山(標高2037m)西腹の溶岩台地。観光地の名称としては南西の奥山田(おくやまだ)温泉や北西の高社(こうしゃ)山付近までを含む総称としても使われる。琵琶(びわ)池はじめ大小の湖沼群が点在し、発哺(ほっぽ)温泉などの温泉がわく。シガアヤメほか高山植物・湿原植物も数多く群生する。スキー場を中心にホテル・キャンプ場などが整う観光・保養地。志賀草津(くさつ)道路で群馬県草津温泉と結ばれ、上信越高原国立公園の一中心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀高原
しがこうげん

長野県の北東部、群馬県に接し、上信越高原国立公園の中心をなす高原。志賀山(やま)(2037メートル)を中心とする標高1300~2000メートルの起伏の多い高原で、周囲は岩菅(いわすげ)山(2295メートル)、赤石山(2109メートル)、横手山(2305メートル)、五輪(ごりん)山(1620メートル)、笠(かさ)ヶ岳(2076メートル)などの山々に囲まれる。志賀山は湖中から噴出した火山で、その際流出した溶岩流によって形成された溶岩台地が志賀高原であり、溶岩流の窪地(くぼち)に湛水(たんすい)したのが大沼池、琵琶(びわ)池、蓮(はす)池などの大小の湖沼群である。高原の気候は多雪寒冷で、とくに2月は積雪が2、3メートルに及び、4月までは積雪がある。盛夏は最高気温の平均が22℃前後で涼しい。植物はシラビソ、コメツガやカンバ、ブナなどが多い。とくに志賀山を中心にした針葉樹の原生林や琵琶池から蓮池一帯のシラカバは美しい。岩菅山や志賀山など2000メートルを超えるとハイマツも多く、岩菅山にはコマクサ、ガンコウラン、ハクサンコザクラなどがある。動物ではカモシカ、ツキノワグマなども生息する。
 開発の歴史は18世紀末から始まる。天明(てんめい)年間(1781~1789)には木戸池近くの田ノ原が松代(まつしろ)藩によって開田されたことがある。1802年(享和2)には発哺(ほっぽ)温泉が発見され、近世末は山ノ内町から草津温泉に通ずる草津道がにぎわった。幕末松代藩の佐久間象山(しょうざん)は熊ノ湯の利用を勧めている。高原が注目されるようになったのは大正末期からで、スキーが行われるようになり、昭和初年長野電鉄が開発を始め、長野―湯田中間が開通した。志賀高原と名づけられたのもこのころである。第二次世界大戦後はスキーブームとともに大きく発展し、南部の山田温泉一帯の南志賀、北部の岩菅山を中心とする地域の奥志賀まで開発が進んでいる。
 高原上の観光資源は多様で、大小70余の湖沼、高山植物、温泉などに恵まれ、スキー場などの施設も整備されている。近年の上信越道の開通により、観光利便は向上した。高原の中央を志賀草津有料道路が通り、長野、群馬両県から入ることができる。年間の観光客のうち70%はスキー客である。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の志賀高原の言及

【温泉】より

…これを人々は〈冬住み〉といった。また志賀高原には大正期まで2軒の季節的温泉宿しかなかった。これらはいずれも冬季にはふもとの母村に下山していたが,昭和初期にスキーが導入されると,冬季でも宿泊客があり,定住温泉集落に成長した。…

※「志賀高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

志賀高原の関連キーワード山ノ内温泉郷林芙美子文学館長野県下高井郡山ノ内町佐野長野県下高井郡山ノ内町寒沢長野県下高井郡長野県下高井郡山ノ内町戸狩長野県下高井郡山ノ内町平穏長野県下高井郡山ノ内町長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬安代[温泉]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志賀高原の関連情報