満期返戻金等による保険料調整特約

保険基礎用語集の解説

満期返戻金等による保険料調整特約

積立型損害保険の保険料一時払の契約においては、保険期間中に保険料率が改定された場合、翌保険年度以降分の保険料の改定前と改定後の差額(差額保険料)を返還または請求しますが、これに代えて、積立保険料増額または減額することにより同様の効果を得ることができる特約を指します。料率改定により保険料が引下げられた場合は、差額保険料が積立保険料に振替えられその額に基づいて満期返戻金が増額されます。逆に保険料が引上げられた場合は、差額保険料が積立保険料から差引かれ満期返戻金が減額されます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android