コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積立型損害保険

保険基礎用語集の解説

積立型損害保険

保険期間が長期(多くは3年以上)で、あらかじめ定められた火災、傷害等の損害に対し保険金を支払うほか、保険期間の満了時には満期返戻金が支払われる損害保険を指します。積立(型)保険、貯蓄型保険」ともいいます。保険本来の補償機能に加え、貯蓄機能を有するのが特徴です。保険料の払込方法は一時払、年払、半年払、及び月払等があり、積立保険料の運用益が予定利率を超えた場合には、満期返戻金に加えて契約者配当金(相互会社においては社員配当金)を支払います。また契約者貸付や保険料振替貸付の制度があります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

積立型損害保険の関連キーワード満期返戻金等による保険料調整特約積立マンション・団地総合保険積立サンライズ傷害総合保険マンション修繕費用積立保険積立ファミリー交通傷害保険すこやか未来積立傷害保険積立グループ包括傷害保険積立いきいき生活傷害保険積立ベターライフ傷害保険積立実年長期傷害保険積立しあわせ家庭保険年金払積立傷害保険定額払積立家庭保険積立商店舗総合保険積立型の団地保険交通傷害相互保険積立生活総合保険建物更新総合保険積立動産総合保険新積立女性保険

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android