コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源三郎 げんざぶろう

朝日日本歴史人物事典の解説

源三郎

生年:生没年不詳
奈良の蒔絵師という。一般に蒔絵師源三郎として知られる。『人倫訓蒙図彙』(1690)の巻3に「蒔絵師源三郎筆」とあるものがあり,図彙の巻1・巻2を源三郎画とする説がある。それに従えば,西鶴の浮世草子など元禄・宝永期(1688~1711)のかなりの作品が源三郎画と比定される。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

源三郎の関連情報