コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死罪 しざい

6件 の用語解説(死罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死罪
しざい

(1) 古代,律に規定された死刑に相当する罪または死刑そのもののこと。五刑 (笞,杖,徒,流,死) の一つ。斬,絞の2種があり,斬にあたる罪としては謀反,悪逆,外祖父母,夫,夫の父母謀殺,本主,本国守殺など,絞にあたる罪としては謀大逆,謀反,妻殺などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐ざい【死罪】

最も重い刑罰として、罪を犯した者の生命を絶つこと。
手紙や上表文の末尾に添える語。非礼の罪をわびる気持ちを表す。「死罪死罪」「頓首死罪」などの形で用いる。
江戸時代の刑罰の一。斬首(ざんしゅ)の刑に処して、死体は試し斬(ぎ)りの用に供され、財産も没収された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

死罪【しざい】

最も重い刑罰である生命刑の総称。《隋書》倭国伝にすでに強盗・姦(かん)の罪に科せられていたことがみえる。律令制下では大辟罪(たいへきざい)ともいい,絞(こう),斬(ざん)の二種(斬が重い)があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しざい【死罪】

最も重い刑罰である生命刑の総称。また,死に相当する罪をいう。日本古代における死刑は,すでに《隋書》倭国伝中に殺人,強盗,姦の罪に対して科されたことが見えるが,律令制度の死罪は大辟(だいびやく∥たいへき)罪ともいい絞,斬の2種があり,斬は絞より1等重いとする。絞は受刑者を棒に縛し,2本の綱で首を挟み,その綱の左右を2人の執行人が絞り上げて窒息死させる。斬は刀で首を切り落とすものである。死刑の執行には天皇の勅裁を必要とし,かつその奏上は原則として3度行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しざい【死罪】

死刑に相当する犯罪。
犯罪者の生命を絶つ刑罰。律令制では絞首と斬首の二種があった。現行刑法では死刑という。
江戸時代、「公事方くじかた御定書 」に規定された七種の死刑の一。斬首ののち、死骸は試し斬りにされ、闕所けつしよの刑が付加された。
死に相当する失礼をわびる意で、書簡文・上表文などの末尾に書く語。 「頓首-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死罪
しざい

江戸幕府法上の主として庶民に科せられた死刑の一種。下手人(げしゅにん)と同様、江戸では小伝馬町の牢屋(ろうや)の中の切場(俗に土壇場(どたんば)という)で斬首(ざんしゅ)する刑をいう。下手人は殺人だけに科せられるが、死罪は殺人以外の犯罪にも科せられる。殺人については、下手人が利欲にかかわらない喧嘩(けんか)口論などによる殺人に科せられたのに対し、死罪は利欲にかかわる殺人に科せられた。したがって、死罪のほうが下手人より重いとされ、下手人と異なり、死屍(しし)が様斬(ためしぎり)にされ、犯人の家屋敷・家財も没収され、情状の重い者には引廻(ひきまわ)しが付加されることがあった。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の死罪の言及

【様斬】より

…様者(ためしもの)ともいう。将軍の佩刀(はいとう)の場合,死罪の刑に処せられた者の死体を用い,牢屋内の様場(ためしば)において執り行った。浪人山田朝右衛門が代々御様御用(おためしごよう)の任にあたり,腰物奉行(こしものぶぎよう)らの立会いの下で,土壇に横たえられた刑屍を据物斬(すえものぎり)して斬れ味などを報告する。…

※「死罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

死罪の関連キーワード生き活句ていと遺産/死者の短剣一、二、三─死覇王の死/二階堂蘭子の帰還惑わし/死者の短剣モータル・フィア/死の恐怖モータルフィア/死の恐怖《9413の生と死――ハリウッド・エキストラ》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

死罪の関連情報