コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源仲頼(2) みなもとの なかより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源仲頼(2) みなもとの-なかより

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
卜部(うらべ)兼仲の子。源資遠の養子検非違使(けびいし),後白河上皇北面武士をつとめたが,平清盛の訴えにより讃岐(さぬき)に配流となった。平家滅亡後,鎌倉幕府御家人となり,文治(ぶんじ)元年(1185)勝長寿院落慶供養のとき源頼朝の供をした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源仲頼(2)の関連キーワード鎌倉時代卜部

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android