源保茂(読み)みなもとの やすしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源保茂 みなもとの-やすしげ

?-? 鎌倉時代の武士。
美作守(みまさかのかみ)源保綱の子。下総(しもうさの)守。石清水(いわしみず)八幡宮領の山城(京都府)薪(たきぎ)荘と興福寺領の大住(おおすみ)荘の相論(訴訟)に際し,嘉禎(かてい)元年(1235)幕府から男山守護に任じられる。翌年,東大寺領山城玉井荘の荘官となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android