コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源懿子 みなもとのいし

1件 の用語解説(源懿子の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

源懿子

没年:承暦2.12.29(1079.2.3)
生年:生年不詳
平安中期の女房。近江守などを務めた受領,源高雅の娘。一条天皇中宮,上東門院藤原彰子に仕える。万寿1(1024)年,正五位下。院典侍として活躍し,従三位に至る。また,妻をなくした藤原道長の子,権大納言長家に愛され,道家,忠家,祐家と次々に男子をもうけて,「さいわいびと」の評判をとったといわれる。長暦2(1038)年,長子道家の没後に出家。しかし忠家,祐家は順次公卿へと昇進,長家も変わらぬ好意を寄せ続けたらしい。忠家の子孫に,和歌で名高い藤原俊成や同定家が出ている。

(西村さとみ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源懿子の関連キーワード受領扶桑集命婦女蔵人ね文字威儀の女房上の女房受領職助直源行任

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone