典侍(読み)てんじ

精選版 日本国語大辞典「典侍」の解説

てん‐じ【典侍】

〘名〙
① 令制の後宮十二司の一つである内侍司(ないしのつかさ)の次官。ないしのすけ。〔令義解(718)〕
② 明治以後、宮中に奉仕する女官の官名の一つ。尚侍の次位。尚侍は、任命されたことがなかったので実際上の最高位となった。

すけ【典侍】

〘名〙 後宮十二司の一つである内侍司(ないしのつかさ)の女官で、尚侍の次位。てんじ。ないしのすけ。また、上級の女官。
※源氏(1001‐14頃)行幸「ただ今、うへにさぶらふ古老のすけ二人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の典侍の言及

【内侍司】より

…後宮内の中心的な司であった。職員としては尚侍(ないしのかみ)2名,典侍(ないしのすけ)4名,掌侍(ないしのじよう)4名,女孺(によじゆ)100名が置かれた。その職掌は天皇への常侍,奏請・宣伝(上申および命令の下達),女孺の監督,内外命婦(みようぶ)の朝参のこと,禁内礼式等であった。…

※「典侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android