コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承暦 ショウリャク

デジタル大辞泉の解説

しょうりゃく【承暦】

《「じょうりゃく」とも》平安後期、白河天皇の時の年号。1077年11月17日~1081年2月10日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうりゃく【承暦】

じょうりゃく【承暦】

年号(1077.11.17~1081.2.10)。承保の後、永保の前。白河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうりゃく【承暦】

⇒承暦(じょうりゃく)

じょうりゃく【承暦】

日本の元号(年号)。平安時代の1077年から1081年まで、白河(しらかわ)天皇の代の元号。前元号は承保(じょうほ)。次元号は永保(えいほう)。1077年(承保4)11月17日改元。相次ぐ旱魃(かんばつ)と天然痘(てんねんとう)流行の凶事を断ち切るために行われた。『維城典訓』を出典とする命名。◇「しょうりゃく」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

承暦の関連キーワード性信入道親王源懿子(1)善子内親王藤原宗輔藤原信長藤原敦兼藤原師通藤原通俊往生講式大神基政郁芳門院藤原実行藤原伊家讃岐典侍藤原俊家藤原周光坂上明兼清原信俊三条実行惟宗俊通

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android