コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源行任 みなもとの ゆきとう

2件 の用語解説(源行任の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源行任 みなもとの-ゆきとう

?-? 平安時代中期の官吏。
源高雅の子。醍醐(だいご)源氏。万寿3年(1026)上東門院別当,のち春宮亮(とうぐうのすけ)として上東門院彰子につかえ,近江(おうみ),丹波,播磨(はりま)などの国守を歴任して富をたくわえた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源行任

生年:生没年不詳
平安後期の下級貴族。能登守,越後守などを歴任,治安3(1023)年備中守に任じられ,その秋,受領として五節の舞(豊明節会行われる少女の舞い)に舞姫を出している。近江守時代の長元4(1031)年7月7日,富小路西,上東門大路より北にある邸宅を焼失したが,これは故入道大相国(藤原道長か)の持家を行任が手に入れたもので,世に「御倉町」と称されており(『小右記』),典型的な富裕受領であった。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源行任の関連キーワードジェントリー資人マナーハウス惟宗広言持明院基家高階為章高階経敏春枝王藤原季綱藤原頼輔

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone