コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源行任 みなもとの ゆきとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源行任 みなもとの-ゆきとう

?-? 平安時代中期の官吏。
源高雅の子。醍醐(だいご)源氏。万寿3年(1026)上東門院別当,のち春宮亮(とうぐうのすけ)として上東門院彰子につかえ,近江(おうみ),丹波,播磨(はりま)などの国守歴任して富をたくわえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源行任

生年:生没年不詳
平安後期の下級貴族。能登守,越後守などを歴任,治安3(1023)年備中守に任じられ,その秋,受領として五節の舞(豊明節会に行われる少女の舞い)に舞姫を出している。近江守時代の長元4(1031)年7月7日,富小路西,上東門大路より北にある邸宅を焼失したが,これは故入道大相国(藤原道長か)の持家を行任が手に入れたもので,世に「御倉町」と称されており(『小右記』),典型的な富裕受領であった。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源行任の関連キーワード生年

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android