丹波(読み)たんば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹波
たんば

京都府中部,京丹波町南東部の旧町域。丹波山地にあり,日本海側と太平洋側の分水界付近に位置する。 1955年須知町と高原村が合体して丹波町が発足。 2005年瑞穂町,和知町と合体して京丹波町となった。中心地区の須知はかつて山陰道の宿場町として繁栄。農林業が主産業で,米作のほか,酪農,和牛飼育,養鶏,養豚なども行なわれる。丹波まつたけ,クリを特産。京都府開庁 100年を記念して 1970年に開園した丹波自然運動公園,国指定重要文化財の九手神社本殿などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たんば【丹波】

旧国名の一。現在の京都府中部と兵庫県東部にまたがる。古くは「たには」と称した。
兵庫県中東部、中国山地東端の市。太平洋に注ぐ加古川と日本海に注ぐ竹田川(下流で由良川に合流)の源流域。平成16年(2004)11月に柏原(かいばら)町、氷上(ひかみ)町、青垣町、春日町、山南町、市島町が合併して成立。人口6.8万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんば【丹波】

旧国名の一。京都府中部と兵庫県中東部に相当。
兵庫県中東部の市。日本海側斜面と瀬戸内海側斜面を分け、氷上ひかみ地区の石生いそうは日本で一番低い分水界となる。

たんば【丹波】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹波
たんば

京都府中西部、船井(ふない)郡にあった旧町名(丹波町(ちょう))。現在は船井郡京丹波(きょうたんば)町の南東端を占める一地区。旧丹波町は1955年(昭和30)須知(しゅうち)町と高原(たかはら)村が合併して成立。2005年(平成17)瑞穂(みずほ)町、和知(わち)町と合併し、京丹波町となる。丹波高原の中央に位置し、中心地区の須知は丹波、丹後と京阪を結ぶ交通の要地で宿場町として栄えた。現在もJR山陰本線が北端を通過するほか、国道9号と27号が交差する。1996年京都縦貫自動車道の丹波町、京都市間が開通した。山地が多く、農業と林業が主で、畜産、酪農も行われる。国指定重要文化財に九手(くて)神社本殿、大福光(だいふくこう)寺本堂と多宝塔、渡辺家住宅などがある。蒲生(こも)地区には府立丹波自然運動公園が開設された。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たには【丹波】

たにわ たには【丹波】

[一] 山陰地方の一部の古称丹波国・丹後国を指す。
[二] 丹波国の古称。
※古事記(712)中「日子坐王は、旦波(たには)の国に遣はし」
[三] 丹後国の古郡名。のちの中郡。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

たんば【丹波】

[1]
[一] 山陰道八か国の一つ。和銅六年(七一三)北部の五郡をさいて丹後国を分けた。鎌倉時代は六波羅探題が守護、南北朝時代は仁木・山名の両氏に次いで細川氏が守護となり、室町時代に至る。江戸時代は七藩に分立。明治四年(一八七一)廃藩置県後は京都府と豊岡県とに分かれ、同九年(一八七六)豊岡県の一部は京都府に、一部は兵庫県に編入された。たには。旦波。丹婆。
[二] 兵庫県中東部の地名。JR福知山線と加古川線が通じる。平成一六年(二〇〇四)市制。
[2] 〘名〙 「たんばやき(丹波焼)」の略。

たんば【丹波】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹波の関連情報