コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波 たんば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹波
たんば

京都府中部,京丹波町南東部の旧町域。丹波山地にあり,日本海側と太平洋側の分水界付近に位置する。 1955年須知町と高原村が合体して丹波町が発足。 2005年瑞穂町,和知町と合体して京丹波町となった。中心地区の須知はかつて山陰道の宿場町として繁栄。農林業が主産業で,米作のほか,酪農,和牛飼育,養鶏,養豚なども行なわれる。丹波まつたけ,クリを特産。京都府開庁 100年を記念して 1970年に開園した丹波自然運動公園,国指定重要文化財の九手神社本殿などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たんば【丹波】

旧国名の一。現在の京都府中部と兵庫県東部にまたがる。古くは「たには」と称した。
兵庫県中東部、中国山地東端の市。太平洋に注ぐ加古川と日本海に注ぐ竹田川(下流で由良川に合流)の源流域。平成16年(2004)11月に柏原(かいばら)町、氷上(ひかみ)町、青垣町、春日町、山南町、市島町が合併して成立。人口6.8万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんば【丹波】

旧国名の一。京都府中部と兵庫県中東部に相当。
兵庫県中東部の市。日本海側斜面と瀬戸内海側斜面を分け、氷上ひかみ地区の石生いそうは日本で一番低い分水界となる。

たんば【丹波】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹波
たんば

京都府中西部、船井(ふない)郡にあった旧町名(丹波町(ちょう))。現在は船井郡京丹波(きょうたんば)町の南東端を占める一地区。旧丹波町は1955年(昭和30)須知(しゅうち)町と高原(たかはら)村が合併して成立。2005年(平成17)瑞穂(みずほ)町、和知(わち)町と合併し、京丹波町となる。丹波高原の中央に位置し、中心地区の須知は丹波、丹後と京阪を結ぶ交通の要地で宿場町として栄えた。現在もJR山陰本線が北端を通過するほか、国道9号と27号が交差する。1996年京都縦貫自動車道の丹波町、京都市間が開通した。山地が多く、農業と林業が主で、畜産、酪農も行われる。国指定重要文化財に九手(くて)神社本殿、大福光(だいふくこう)寺本堂と多宝塔、渡辺家住宅などがある。蒲生(こも)地区には府立丹波自然運動公園が開設された。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

丹波の関連キーワード春日の観光 日ヶ奥渓谷キャンプ場兵庫県丹波市山南町小野尻京都府船井郡京丹波町曽根兵庫県丹波市山南町奥野々兵庫県丹波市春日町七日市兵庫県丹波市青垣町西芦田兵庫県丹波市氷上町上新庄旧丹波国と現在の自治体名兵庫県丹波市氷上町伊佐口兵庫県丹波市氷上町上成松兵庫県丹波市柏原町上小倉兵庫県丹波市氷上町朝阪兵庫県丹波市山南町小畑兵庫県丹波市山南町岡本兵庫県丹波市山南町池谷兵庫県丹波市山南町阿草兵庫県丹波市山南町井原兵庫県丹波市山南町大河兵庫県丹波市山南町大谷兵庫県丹波市氷上町市辺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹波の関連情報