源頼能(読み)みなもとの よりよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼能 みなもとの-よりよし

?-? 平安時代中期の雅楽家。
横笛の名手で,奈良の楽人戸部(こべ)延近にまなんだ。後三条天皇大嘗会(だいじょうえ)(1068)に雅楽曲「千秋楽」を作曲。楽所預(あずかり),少監物となる。王監物頼吉ともよばれた。諸楽書にしるされる「綿譜」は頼能の撰した譜ともいわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android