コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源頼能 みなもとの よりよし

1件 の用語解説(源頼能の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼能 みなもとの-よりよし

?-? 平安時代中期の雅楽家。
横笛の名手で,奈良の楽人戸部(こべ)延近にまなんだ。後三条天皇の大嘗会(だいじょうえ)(1068)に雅楽曲「千秋楽」を作曲。楽所預(あずかり),少監物となる。王監物頼吉ともよばれた。諸楽書にしるされる「綿譜」は頼能の撰した譜ともいわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

源頼能の関連キーワード唐笛大石峯良大神晴遠豊原時光源信義源政長明暹山井青霞和邇部用枝和邇部用光

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone