準体言(読み)ジュンタイゲン

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐たいげん【準体言】

体言以外で、文中において体言と同じはたらきをしている語句。「行くがいい」「苦しきに耐える」の「行く」「苦しき」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんたいげん【準体言】

体言以外の語句が文中において体言と同じはたらきを果たしているもの。「乏しきを分かつ」「逢うは別れの始め」の「乏しき」「逢う」などの類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐たいげん【準体言】

〘名〙
体言以外で、文中において体言と同じはたらきをしている語句。「行くがいい」「苦しきに耐える」の「行く」「苦しき」など。〔日本文法論(1902‐08)〕
② 体言以外で、活用のない自立語の総称。〔中等新国文法(1923)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android