コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準強制猥褻罪 ジュンキョウセイワイセツザイ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐きょうせいわいせつざい〔‐キヤウセイワイセツザイ〕【準強制××褻罪】

人の心神喪失や抵抗ができないことに乗じて、または暴行脅迫によらずこれらの状態にして猥褻な行為をする罪。刑法第178条第1項が禁じ、6か月以上10年以下の懲役に処せられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の準強制猥褻罪の言及

【強制わいせつ罪】より

…13歳以上の男女に対し,暴行または脅迫を加えてわいせつ行為をする罪(刑法176条前段,刑は6ヵ月以上7年以下の懲役)。人の性的自由を侵害する罪である。暴行・脅迫は相手方の反抗を著しく困難にする程度のものであることを必要とする。わいせつ行為とは姦淫(性交)以外の性的行為をいい,このため,その対象は女性に限られない。13歳未満の男女に対するわいせつ行為は,青少年の性的保護の見地から,手段としての暴行・脅迫の有無を問わず本罪が成立する(176条後段)。…

※「準強制猥褻罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

準強制猥褻罪の関連キーワード準強制猥褻

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android