暴行(読み)ぼうこう

精選版 日本国語大辞典「暴行」の解説

ぼう‐こう ‥カウ【暴行】

① 乱暴な行為。不正な所行。
※童子問(1707)上「以為邪説、為暴行」 〔孟子‐滕文公下〕
② 他人に暴力を加えること。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一一「漫(みだ)りに師範生に向って暴行を擅(ほしいまま)にしたりと」
強姦をすること。
ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「湯から帰る女の跡を附けて行って、暴行を加へた」
④ 法律で、他人に対し不法に暴力を加えること。刑法上、腕力をふるう場合だけでなく、生理的、心理的に影響を与える有形力の行使は、すべてこれに含まれるとされる。
※刑法(明治四〇年)(1907)二〇八条「暴行を加へたる者人を傷害するに至らざるときは」

ぼう‐ぎょう ‥ギャウ【暴行】

〘名〙 =ぼうこう(暴行)〔布令字弁(1868‐72)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暴行」の解説

ぼう‐こう〔‐カウ〕【暴行】

[名](スル)
乱暴な行為。不正な行い。
「其—の寛厳は立君独裁の—に異ならずと雖も」〈福沢文明論之概略
暴力を用いて人身に危害を加えること。「暴行を加える」「通行人に暴行する」
力ずくで女性を犯すこと。強姦ごうかん
[類語](1)(2愚行愚挙非行乱行醜行暴力狼藉蛮行極道乱暴無法暴状暴挙・腕力沙汰ざた荒くれ粗暴凶暴狂暴猛悪野蛮アウトレージ/(3強姦婦女暴行レイプ輪姦凌辱強淫強制猥褻手込め姦する犯す辱めるけが

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android