準星(読み)じゅんせい

精選版 日本国語大辞典「準星」の解説

じゅん‐せい【準星】

〘名〙 宇宙の最遠にあり、一見、星のようにみえるが非常に強力な電波を発射している恒星状電波源。輝線の波長が赤い方に大きく偏移しているのが特徴。一九六三年に発見され、これまで二〇〇〇個近くが確認されている。恒星状天体(QSO)。クエーサー

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の準星の言及

【恒星状天体】より

…準星,クエーサーquasar,QSO(quasi‐stellar objectの略)とも呼ばれる。QSOを,電波を放射している恒星状電波源QSS(quasi‐stellar radio sourceの略)と,電波をほとんど出していない恒星状銀河QSG(quasi‐stellar galaxyの略)に区別することもある。…

※「準星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android