コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準硬式野球 ジュンコウシキヤキュウ

1件 の用語解説(準硬式野球の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅんこうしき‐やきゅう〔ジユンカウシキヤキウ〕【準硬式野球】

軟式野球の一。軟式H号とよばれる、使用感が硬球に近い軟球を使用する。→軟式野球

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の準硬式野球の言及

【軟式野球】より

…軟球(ゴム製ボール)を使用して行う野球。明治時代の初めアメリカから輸入された野球は,大正時代に入って青少年の間で普及したが,手軽にゲームをするときはテニスボールやスポンジボールなどが使われた。1918年糸井浅次郎と鈴鹿栄は正式の野球の指導に使える少年用のゴム製ボールの必要性を感じ,神戸の会社に試作を依頼,翌年,できあがったのが現在軟球といわれているボールであった。このボールの誕生をきっかけに少年野球が急激に盛んとなり,成人にも愛好されるようになった。…

※「準硬式野球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

準硬式野球の関連情報