コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟式野球 なんしきやきゅう

6件 の用語解説(軟式野球の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟式野球
なんしきやきゅう

ゴム製ボールを用いて行なう日本独特の野球。 1919年糸井浅次郎,鈴鹿栄による軟式野球用ボールの開発を機に始まり,このボールを用いた少年野球が広まったのち,一般にも普及し 1930年神戸で日本軟式野球協会が結成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんしき‐やきゅう〔‐ヤキウ〕【軟式野球】

軟球を用いて行う野球。大正時代に日本で考案。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

軟式野球【なんしきやきゅう】

ゴム製のボールを使用する日本独特の野球少年たちが硬式のボールで野球をするには腕,肩への負担が重すぎると考えた糸井浅次郎と鈴鹿栄は,1918年,少年用のゴム製ボールの試作を神戸の会社に依頼し,翌年完成。
→関連項目社会人野球

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんしきやきゅう【軟式野球 rubber‐ball baseball】

軟球(ゴム製ボール)を使用して行う野球。明治時代の初めアメリカから輸入された野球は,大正時代に入って青少年の間で普及したが,手軽にゲームをするときはテニスボールやスポンジボールなどが使われた。1918年糸井浅次郎と鈴鹿栄は正式の野球の指導に使える少年用のゴム製ボールの必要性を感じ,神戸の会社に試作を依頼,翌年,できあがったのが現在軟球といわれているボールであった。このボールの誕生をきっかけに少年野球が急激に盛んとなり,成人にも愛好されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんしきやきゅう【軟式野球】

ゴム製のボール(軟球)を用いてする野球。大正期に日本で始まる。ルールは硬式野球と同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軟式野球
なんしきやきゅう

ゴム製ボールを使用する日本独特の野球。軟式野球は、日本の野球の発達に大きな影響を与えている。手軽に行うことのできる点が、普及にだいじな役割を果たした。
 1919年(大正8)に京都第一高等小学校教員の糸井浅次郎(いといあさじろう)(京都師範OB)が、少年のために危険の少ないスポンジボールを考案して、小学生の野球試合に使用したのが始まりで、簡単な施設と、安価なボールという好条件によって全国の小学校に広まった。その結果、少年野球は隆盛をきわめ、中等学校の野球のごとく全国大会が阪神でも東京でも開催される盛況となった。しかし、この少年野球の隆盛も1932年(昭和7)に文部省から発令された学生野球統制の訓令によって、宿泊を伴う試合が禁止され、少年野球の向上の道は閉ざされた。一方、少年野球の普及に伴い、1922年(大正11)ゴム製品製造元が青年用のゴム製野球ボールを開発した。これが端緒になって、少年に限らず一般の成年までが軟式野球をプレーするようになった。第二次世界大戦中生ゴムが物資統制令によって使用制限になったが、当時の厚生省は、軍需工場で働く「産業戦士」の「戦時生産意欲の向上と体力増強のため」に軟式ボールは必要、としてメーカーに生ゴムを特別に配給した。当時、野球は敵性スポーツとして弾圧されたにもかかわらず、軟式は日本製スポーツとみなされていたのである。しかし1943年(昭和18)10月に至って、第二次企業整備が発動され、軟式ボールの製造は中止のやむなきに至った。
 終戦を迎えると、学生野球も社会人野球もいまだ再建の途上にあって、全国的統一組織の連盟も協会も結成をみないときに、早くも1946年8月に全日本軟式野球連盟が結成され、軟式野球界の統一が成し遂げられた。翌月の9月には日本体育協会に加盟、同年の11月に挙行された第1回の国民体育大会では正式種目とされ、競技が行われた。
 1986年(昭和61)秋に全日本軟式野球連盟は、アマチュア野球団体の日本野球連盟(社会人)も日本学生野球協会も手をつけていなかった、元プロ野球選手のアマチュア復帰を認めることを決議したと発表した。すなわち、1987年2月から、プロ野球を退団後3年(2008年現在は1年)を経過した者をプレーヤーとして出場させることができる、としたのである。そして、元プロ選手の登録選手数はトップにランクされるA級チームが最高2人まで、B、C級チームは1人まで(2008年現在は2人まで)で、年齢40歳を超えた者は制限外とし、小学・中学・高校の3部に分かれる少年チーム(2008年現在は小学・中学のみ)には、監督およびコーチとして登録できることにした。連盟当局のこの決断は、アマチュア・スポーツへプロの参加をオープン化する世界的な流れに沿って、日本体育協会が1986年5月にスポーツ憲章を改訂して、プロ選手の登録を認めることにしたのが背景にある。
 2007年(平成19)現在、全日本軟式野球連盟は一般(社会人)、少年(中学生)、学童(小学生)まで包含する団体で、登録チームの数は、一般の部だけでも約3万8000もある大世帯である。主催大会には、天皇賜杯全日本軟式野球大会、高松宮(たかまつのみや)賜杯全日本軟式野球大会、国民体育大会軟式野球競技会(以上、一般の部)、全日本少年軟式野球大会(少年の部)、高円宮(たかまどのみや)賜杯全日本学童軟式野球大会(学童の部)が、後援大会には、全国高等学校軟式野球選手権大会、全国高等学校定時制通信制軟式野球大会などがある。[神田順治・全日本軟式野球連盟]
『名取幸一著『図解軟式野球ルール 改訂版』(1999・成美堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軟式野球の関連キーワード球技硬球スポンジボール軟球ソフトバレーボールキックベースボール水球ボールソフトテニスボール野球ボールミニソフトバレーボール

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軟式野球の関連情報