硬球(読み)こうきゅう

精選版 日本国語大辞典「硬球」の解説

こう‐きゅう カウキウ【硬球】

〘名〙 いたま。庭卓球、野球で国際的に採用されているボール。⇔軟球
(イ) 庭球では、厚いゴム‐ボールにフェルトをかぶせたもの。〔新らしい言葉の字引(1918)〕
(ロ) 卓球では、セルロイドかプラスチック製の球体。
(ハ) 野球では、ゴムかコルクの芯に糸などを巻き、馬皮か牛皮で包んだもの。
※街道記‐「奥の細道」の杖の跡(1952)〈井伏鱒二〉「硬球の野球部は創設されないだらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「硬球」の解説

こう‐きゅう〔カウキウ〕【硬球】

硬式テニス・卓球・野球などで用いるボール。軟球に比べて硬くて重い。テニスでは厚いゴムボールにフェルトを張ったもの、卓球ではつや消しセルロイド製、野球ではコルク芯に糸を巻いて革を張ったものなどがある。⇔軟球

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android