溝状斜交成層(読み)みぞじょうしゃこうせいそう(英語表記)trough cross-stratification

岩石学辞典の解説

溝状斜交成層

船型の曲線状の底面を持つ斜交成層で,浸食が原因である[McKee & Weir : 1953].斜交成層の一種で,一群の斜交成層よりなる堆積単位層の底面が船底状となっているもの.底面がほぼ平面のものを板状斜交成層という[木村ほか : 1973].花綵状斜交成層(festoon cross-stratification)[Knight : 1929, Twenhofel : 1939].三日月形斜交層理(cescent type cross-bedding)[Moberley : 1960].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android