コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋野縄子 しげのの つなこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滋野縄子 しげのの-つなこ

?-? 平安時代前期,仁明(にんみょう)天皇の女御(にょうご)。
滋野貞主(さだぬし)の長女。滋野奥子の姉。東宮時代から天皇につかえ,本康(もとやす)親王,時子内親王,柔子内親王を生む。承和(じょうわ)3年(836)正五位下,のち従四位上にすすむ。名は「ただこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

滋野縄子

生年:生没年不詳
9世紀の仁明天皇の侍女(女御とも)。名は「ただこ」とも。参議滋野貞主の長女。本康親王,時子内親王,柔子内親王と天長10(833)年5月に6歳で夭折した皇子を生んだ。承和3(836)年4月無位から正五位下を授けられ,その後従四位上に上った。性格はなごやかで素直であり,立ち居振る舞いが端正であったので,天皇にことのほか愛されたという。また妹奥子は文徳天皇の後宮にあって,美貌でよく女の道を修めていたので天皇に愛され,惟彦親王,濃子内親王,勝子内親王を生んだ。時の人は,貞主が皇子を外孫に持ち,一家が繁栄したのは貞主の慈仁によるものと評した。

(梅村恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

滋野縄子の関連キーワード柔子内親王(1)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android