滝つ瀬(読み)たきつせ

精選版 日本国語大辞典「滝つ瀬」の解説

たきつ【滝つ】 瀬(せ)

激しく流れるの急流。また、一般に滝をさしてもいう。
※宇津保(970‐999頃)藤原「滝津にうかべるあわのいかでかは淵せにしづむ身とはしるべき」
[補注]「万葉集」「古今集」などの「たきつせ(たぎつせ)」は、動詞「たぎつ(たきつ)」の連体形に、名詞「せ()」の付いたものと見なす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「滝つ瀬」の解説

たき‐つ‐せ【滝つ瀬】

《「たぎつせ」とも。「つ」は「の」の意の格助詞》水の激しく流れる瀬。また、滝。
宇治の渡りの―を見つつ渡りて」〈・三二四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android